建設業界の成り行き

建設工事の減少して、受注競争が激化しています。

建設廃棄物

建設現場の廃棄物は、一般廃棄物と産業廃棄物に区別されており、産業廃棄物のうちアスベストは特別な管理が必要になり、それ以外の産業廃棄物は「安定型産業廃棄物」と「管理型産業廃棄物」に分けられ、各処理基準が違うので排出するときは分別しなければなりませんが、建設発生土は一般的には廃棄物として扱われませんが、建造物の破片などが混ざっていることや、水分が含まれている割合が高くて泥状の場合は、産業廃棄物と判断されることもあります。

2000年に定められた建設リサイクル法は、これから増大すると思われる建築廃棄物の排出量に対する解決策として、再資源化を行って再利用するようにと定められたものです。
コンクリートや木材などの建設資材を用いた建築物の解体工事を行う際は、受注者に対して分別解体や再資源化などを行うことを義務付けています。

« Previous post