建設業界の成り行き

建設工事の減少して、受注競争が激化しています。

地球環境再生

地球環境の再生が問われている中で、建設業界の目まぐるしく、例えば、地球温暖化やリサイクル、省エネや廃棄物処理など、環境に配慮した技術開発が進んでいます。
建設需要は漸減傾向にあり、建設市場は縮小にありますが、環境という分野は数少ない有望な市場と言えます。

環境という観点から、東京のようにコンクリート建造物の密集している地域では、ヒートアイランド現象が問題とされており、道路の路面温度を下げるために、表層部で水を吸収させて路面温度を下げる対策をとっていまして、通常よりも5℃くらい温度が低下し、散水した場合においては10℃くらい路面温度が低下するといわれています。

また、路面だけでなく歩道でも、植栽を道路側だけでなくて民間敷地側にも施して緑を増やす取組も行っていますし、ビルの屋上緑化や敷地内の緑化を積極的に進めていることや、自然の風を取り入れて換気する仕組みを導入して空調費用を削減すること、さらに昼間は自然光を利用して自動的に照明などを利用する太陽光発電システムを導入しているところもあります。

« Previous post
Next post »