建設業界の成り行き

建設工事の減少して、受注競争が激化しています。

構造改革特別区

民間で出来るものは民間へというように進められてきた構造改革特区ですが、2002年に構造改革特別区域法が改正されてから、540件が特区に認定されています。

特区とは、民間事業者や地方公共団体などの提案によって、地域の特性に応じた規制の特例処置を導入するために設けられた地域のことで、医療や教育、農林水産などの分野に分けられます。
これらの分野は、新産業を集めて重ねることを目指す新設型と、既にある産業の高度化を図る増設型に分類されます。

地場建設企業の中には、経営状況を見通して特区に参入してきている企業もあり、ほとんどが農林水産分野での特区参入で、既に農業に参入した110以上の法人のうち、建設企業は40社と一番多くなっています。

始めの頃は、農林水産省の後押しなど受けて、マスメディアでの露出度が高く、注目を集めていましたが、現在では静まり落ちついてきています。

農業の分野に進出した企業の多くは、建設業と農業の収支構造の違いに困惑しているようで、収支の帳尻があっている企業は少ないのが現状で、進出企業の解決しなければならない問題は、収支のバランスという最低限の目標を乗り越えるために、情報発信力を高めて、付加価値や観光などと組み合わせた複合型経営を志向することが必要です。

Next post »