建設業界の成り行き

建設工事の減少して、受注競争が激化しています。

都市再生緊急整備地域

都市再生特別処置法で緊急整備地域の導入を政府は決め、大規模な工事跡地や交通の拠点となる駅の周辺など、都市全体への効果が見込める選定し、開発を加速させ、地域の活性化に役立てることが狙いとなっています。

指定地域では、既存の都市計画を白紙に戻す特別地区を設けることが出来るほかに、民事事業者が考案した都市計画案を、自治体が半年以内に決定するシステムを導入し、スピーディーな計画の実行を推進しています。

また、地域内で民間事業者が公共施設を整備する場合に、政府から無利子で貸付ができることや、債務保証などの金融支援を受けることも出来るようになります。

緊急整備地域の指定が具体化したことで、建設業界の期待は大きいのですが、地方自治体の特区構想の提案が度重なり、中小建設業にとっても目が離せない状態です。

基本的に、スピーディーに事業計画を遂行できる大都市からの申し入れを優先して選定されています。
最適なパース制作会社を探すのは非常に困難です