建設業界の成り行き

建設工事の減少して、受注競争が激化しています。

Category: 建築パース

構造計画書偽装

以前、構造計算書偽装などが起こり、建設業界に激震が走ったわけですが、根底には安くて当たり前というようなデフレの現象があり、一定のレベルまでは持ちこたえることができますが、低価格を求める要素が度を超え始め、鉄筋量を減らす法 [...]

労働災害

建設業での労働災害による死亡者は、毎年500人から600人いまして、全ての産業に締める割合として3割から4割で、最も事故が多いのも建設業なのです。 事故の発生状況は、交通事故などのもありますが、転落や墜落の割合が最も高く [...]

一般競争入札と公共入札制度

汚職というと建設業界を連想する人もいると思いますが、建設業界にとっては迷惑な話でして、その理由としは、全体の建設投資が53兆円程度あり、そのうちの20兆円程度を政府投資が占めるというマーケティングがあることが一部分として [...]

建設廃棄物

建設現場の廃棄物は、一般廃棄物と産業廃棄物に区別されており、産業廃棄物のうちアスベストは特別な管理が必要になり、それ以外の産業廃棄物は「安定型産業廃棄物」と「管理型産業廃棄物」に分けられ、各処理基準が違うので排出するとき [...]

地球環境再生

地球環境の再生が問われている中で、建設業界の目まぐるしく、例えば、地球温暖化やリサイクル、省エネや廃棄物処理など、環境に配慮した技術開発が進んでいます。 建設需要は漸減傾向にあり、建設市場は縮小にありますが、環境という分 [...]

構造改革特別区

民間で出来るものは民間へというように進められてきた構造改革特区ですが、2002年に構造改革特別区域法が改正されてから、540件が特区に認定されています。 特区とは、民間事業者や地方公共団体などの提案によって、地域の特性に [...]

都市再生緊急整備地域

都市再生特別処置法で緊急整備地域の導入を政府は決め、大規模な工事跡地や交通の拠点となる駅の周辺など、都市全体への効果が見込める選定し、開発を加速させ、地域の活性化に役立てることが狙いとなっています。 指定地域では、既存の [...]

建築士法改正と新旧耐震基準

1級建築士は述べ300万人以上の人が登録されていますが、更新制度がないために現在何人居るかが把握できない状態にあり、建造計算書偽装問題を受けて、国土交通省は、登録更新制度の導入も含めた建築士法の改正を目指しており、既に建 [...]